キャブコン

アミティ/AMITY(アミティ)

アミティ/AMITY
アミティ/AMITY1
アミティ/AMITY2
アミティ/AMITY3
アミティ/AMITY4
アミティ/AMITY5
アミティ/AMITY6
アミティ/AMITY7
アミティ/AMITY8
アミティ/AMITY9
アミティ/AMITY10
アミティ/AMITY11
アミティ/AMITY12
アミティ/AMITY13
アミティ/AMITY14
アミティ/AMITY15
アミティ/AMITY16
アミティ/AMITY17
アミティ/AMITY18
アミティ/AMITY19
アミティ/AMITY20
アミティ/AMITY21
アミティ/AMITY22
アミティ/AMITY23
アミティ/AMITY24
アミティ/AMITY25

オススメポイント

マツダボンゴトラックをベース車としたコンパクトなキャブコン『アミティ』
 
ライトキャブコンブームを起こしたと言われる時代を作った車です。
発売は2006年。3回のマイナーチェンジを行っており、販売台数は延べ1000台を大きく超え、デビューから現在までAtoZの主力モデルとして君臨し続けています。
 
全長は4690mmと、日本の5ナンバーサイズとほぼ同等。見た目より大きくなく、室内の広さは十分にある『丁度よさ』が人気の秘密。
 
内装は木材をふんだんに使いナチュラルな印象。
さらに前回のマイナーチェンジで、インテリアコーディネーターによる3つの内装パターン【Fiore、Porto、Bosco】から選べるようになりました。コンセプトごとに特徴的でお洒落な内装となってます。
 
レイアウトは汎用性の高い2段ベッドタイプ。
ベッドメイクせずすぐ就寝できるのが人気の秘密。2段ベッド部は用途に合わせてカスタマイズ可能。
「迷ったらコレ‼」で間違いなしの王道モデルです。
 
■アミティと製造元AtoZ社の秘話インタビューはこちら

基本情報

タイプ(種類)
キャブコン
価格
3,821,000円
上位モデル価格
ベースメーカー
MAZDA
ベースメーカー国
日本
乗車人数
6人
就寝人数
6人
ベース車両
ボンゴトラック
ベース車両詳細
ボンゴトラックDX
燃料
ガソリン
全長
4,690mm
全幅
1,950mm
全高
2,700mm
ビルダー
エートゥゼット

カースペック

ハンドル
ミッション①
AT
ミッション②
5AT
駆動方式①
OP設定
駆動方式②
OP設定
燃料タンク容量
58L
排気量
1,798cc
最高出力
102ps
最高出力
75kW
最高トルク
147Nm
最高トルク
15kgm
登録ナンバー
8

装備

コンロ
標準装備
コンロの種類
カセット
冷蔵庫
標準装備
冷蔵庫種類
1ウェイ
冷蔵庫容量
49L
サブバッテリー
標準装備
サブバッテリー個数
1
サブバッテリー容量
105Ah
トイレ
なし
トイレの種類
給水タンク
標準装備
給水タンク容量
10L
排水タンク
標準装備
排水タンク容量
10L
FFヒーター
オプション
ルームエアコン
なし
ルームエアコン個数
シャワー
標準装備
シンク
標準装備
ソーラーパネル
オプション
ソーラーパネル出力
W
ソーラーパネル枚数
ポップアップルーフ
なし
ポップアップルーフ詳細
オーニングテント
オプション
インバーター
オプション
インバーター出力
W
電動ステップ
なし
外部AC電源入力
標準装備
バンクベッド
あり
ダイネットベッド
あり
リアベッド
二段
ベンチレーター
標準装備

総合評価

総合評価(4)3.9

燃費(4)2.8

乗り心地(4)3.4

居住性(4)4.0

運転しやすさ(4)3.6

価格(4)4.3

東京都 / 男性 トッシーニさん

総合評価4.5

燃費3.0

乗り心地4.0

居住性4.0

運転しやすさ4.0

価格4.5

人気のアミティ

絶大な人気を誇るアミティ。
キャンピングカーでは珍しくインテリアデザイナーによるデザインを取り入れており、好みに応じてインテリアを選べるようになっている。
常に進化するアミティの今後の展開に期待。

栃木県 / 男性 bootanさん

総合評価4.0

燃費3.5

乗り心地4.5

居住性4.5

運転しやすさ3.5

価格4.0

加速が。。

ちっちゃめで運転はしやすい車(*\’ω\’*) だけど坂道は弱っちい。。山とか勾配のあるところに行かないから気にならないかな(*´▽`*)

東京都 / 男性 ドラさん

総合評価3.5

燃費2.5

乗り心地2.5

居住性3.5

運転しやすさ3.0

価格4.5

初心者向けのキャンピングカー

キャブタイプ、小さめ、そこそこの人数が乗れる、と三拍子そろった初心者向けのキャンピングカーです。燃費と加速、坂道はかなり弱いので注意が必要。