キャブコン

ハヤブサ/HAYABUSA

閲覧ランキング

42

最低販売価格1,450.0万円

Loadingお気に入り

オススメポイント

いすゞのBe-CamをベースにしたHAYABUSAは広々とした室内空間が特徴のキャンピングカーです。 ベース車が2tクラスと大型のサイズですが、高性能なシャシーや動力性能を持ち合わせているので快適な乗り心地と高い操作性を実現しています。   さらに、HAYABUSAには本格的なバスタブが搭載可能な空間が確保されています。 リビングルームも非常に広く長時間稼働な稼働な家庭用エアコンなども装備されているので、乗車定員が快適に過ごすことができるでしょう。  
東京都 / 男性 onebig10さん

持ち主です

総合評価4.5

燃費3.5

乗り心地5.0

居住性4.5

運転しやすさ5.0

価格4.5

まだ1台しか出回っていないこの車。
私は持ち主であり企画、共同設計者でもありますので、基本情報の訂正をお願いします。
燃料タンク150リットル
コンロ IH
サブバッテリー 190Ah×4 760Ah
給水タンク容量 100リットル+ボイラー70リットル
排水タンク容量 100リットル
インバーター 3000W
ダイネットベッド プルダウン式
です。

まずは、室内空間よりも走行安定性と安全性が素晴らしいです。
許容軸重にはかなりの余裕があり、後輪ダブルタイヤも跳ね上げが少なく、さすがいすゞのビーカムだと思います。
バーストやハブボルト折れで横転事故を起こす車種もありますが、その点は安心感が違います。基本的に走るものですから、ここが一番重要だと思います。
また車体の断熱効果が素晴らしい。ガイナ塗装を内部に施し、アルミの断熱シートを貼り込み、ハニカムボディーの空気断熱。真冬でも暖房をつけたら気温上昇時に切っても過ごせます。冷房もかなり効きがいいです。家の断熱構造と同じで、外壁の断熱力がないとどんな器具で冷暖房しても燃料の無駄だと知りました。