2019年5月の『総合人気車両ランキング』と『軽キャンランキング』を発表!

■□2019年5月キャンピングカー閲覧総合ランキングトップ10 □■

[ 1位] トム タンデム/TOM Tandem (セキソーボディ)/キャブコン
[ 2位] N BOX + キャンパー Neo (ホワイトハウス)/軽キャン
[ 3位] クレア 5.3X エボリューション (ナッツRV)/キャブコン
[ 4位] TOM200 (セキソーボディ)/キャブコン
[ 5位] ヴォクシー DAYS POP (ホワイトハウス)/バンコン
[ 6位] DIALA Jr (MCLEY)/軽キャン
[ 7位] レガードネオプラス (L.T.CAMPERS)/キャブコン
[ 8位] ジル 520 クルーズ (VANTECH) /キャブコン
[ 9位] アレン タイプ1 (エートゥゼット)/キャブコン
[10位] スピナ キャルルックVer,  (ナッツRV)/軽キャン
※括弧内表記は製造メーカー

 

■□ トピックス □■

「キャンピングカー比較ナビ」では、700台以上のキャンピングカーが登録されています。同サービスにおいて、2019年5月の閲覧ランキングを抽出したところ、2位、6位、10位に『軽キャン』が入るなど、気軽に車中泊ができる『軽キャン』の人気が上昇していることが顕在化されました。

 

全体ではゆったりとした空間を持つ『キャブコン』タイプが人気で、トップ10には入らなかったがレンタルに特化したキャブコン『ロビンソン711』も23位と健闘しました。

人気のキャブコンタイプ『ロビンソン711』

●ロビンソン771の特徴

 

Japan C.R.C.オリジナル車両『ロビンソン 771(Robinson771)』は、TOYOTA ハイエース ロングワゴンボディがベースのキャンピングカーです。ロングワゴンボディを使用しているので、普通免許で運転が可能ながら7名乗車、7名就寝という大人数にも適した車両です。

レンタル利用者より要望の多かった「利便・快適性」はもちろん「装備の破損問題」「居住空間の確保」という点に重点を置き、キャンピングカー初心者でも扱いやすく、装備の破損等を大幅に軽減する事で、より安心してレンタルいただける車両となっています。

 

また、今回は人気急上昇中の、『軽キャン』のみでのランキングも調査いたしました。

 

■□軽キャン部門総合ランキングトップ□■

 

[ 1位] N BOX + キャンパー Neo (ホワイトハウス)
[ 2位] DIALA Jr (MCLEY)
[ 3位] スピナ キャルルックVer, (ナッツRV)
[ 4位] 給電くん (AUTO ONE)
[ 5位] J cabin Mini W (MYSミスティック)
[ 6位] La.Kunn リヤベッドタイプ (AZ-MAX)
[ 7位] マイクロバカンチェス ひとり旅  (RINEI)
[ 8位] 給電くん ポップアップルーフ (AUTO ONE)
[ 9位] マイクロバカンチェス ふたり旅 (RINEI)
[10位] キャンビー3 (AUSTRA)

 

7位、9位には『RINEI(リンネイ)』が手掛ける『少人数の旅』専用に開発された『マイクロバカンチェス ひとり旅』、『マイクロバカンチェス ふたり旅』がランクイン。もともと、スペースが限られている『軽キャン』は、大人数の乗車には向いている車両ではありませんが、 あえて少人数用の設計を行う事で、『軽キャン』でも、より贅沢に空間を使う事ができる工夫が人気の要因と考えられます。

 

■キャンピングカー人気ランキング調査方法について

キャンピングカー比較ナビ内に登録されている700車種を超える車両の中から個別の車両ページの閲覧ランキングのアクセス数をもとに算出。
(アクセス数調査期間:2019年5月1日~2019年5月31日)

 

4位以下も含めた最新の総合ランキングはこちら https://japan-crc.com/ccn/viewrank/
※常に順位が変動いたします

お知らせ一覧