延期決定!【五輪問題】オリンピックが延期に。ホテルからの返金はある?

(2020/3/25追記)

 

2020年3月24日に安倍首相とオリンピック委員会のバッハ会長が電話会議を行い”正式に”オリンピックの”延期”が決定しました。延期の時期は約1年後を想定しているとの事でした。

 

当選したチケットの扱いについてはまだ発表されていませんがネットでも以下3つの対応のどれになるのか注目が集まっています。

 

1.当選したチケットの払い戻しはなし

2.当選チケットは払い戻しを行い、時期を見て再抽選

3.チケットの権利はそのまま有効

 

今回は”中止”ではなく、あくまで”延期”ですので既に支払いを済ませているチケット当選者が損をしてしまう【1.】の対応は考えにくいと思いますので【2.】か【3.】のいずれかになるのではないでしょうか。

 

ネットでは実際にチケットが当選された方の【2.】か【3.】の対応になる事を願う声が多くいられます。

 

アフターコロナ、つまりコロナウイルス騒動が終結した世界ではどの業界に何が起こっているのか想像もつきませんが東京オリンピック2020、あらため東京オリンピック2021はコロナショックの被害を吹き飛ばすような復興のシンボルとある素晴らしい大会になる事を祈るばかりです。

 

(2020/3/25追記ここまで )

新型コロナウイルスショックにより通常の開催が疑問視されている東京2020オリンピック。

開催の延期が示唆され、チケットの返金や参加予定のアスリートのケアなど、次々と問題が浮上しています。

そして、騒動は”会場外”にも波及しつつあります。今回は五輪期間中のホテル予約についてピックアップします。

 

◆五輪問題についてはこちらもチェック!

 

【五輪チケット】オリンピックが中止、延期の場合のチケット払い戻しはある?

https://japan-crc.com/ccn/news/2020-03-19/

 

 

五輪期間中は宿泊料が通常の3〜4倍!料金をあげるしかないホテル側の事情も。

 

 

昨年の秋頃から五輪期間中の宿泊料金が通常の3〜4倍に高騰しているという報道が一部メディアで流れました。これは、五輪関係者用の宿泊施設を仮押さえをしたためと言われています。さらに、新規の施設などを極力作らない”コンパクトなオリンピック”を東京2020大会のテーマとして掲げていたこともあり、宿泊施設の余裕があまりなかったことも要因と言えます

さらに、五輪期間中は接客や対応など通常とは異なるオペレーションが要求されることから、ホテル側も料金を上げざるを得ない、といった事情があります。

 

予約済のキャンセル不可プラン。今後の動き次第では返金される可能性も!?

 

 

五輪期間中の宿泊プランについては先のような事情から、通常のプランではなく特別な予約として受けられているケースがほとんどであり、料金の先払いやキャンセル不可を掲げているホテルが非常に多かったことが挙げられます。

 

ただ、東京オリンピックが2020年に開催されなかった場合には、ホテル側も事前に定めたルールとは異なり、柔軟な対応を行う可能性があります。

ここで参考にしたいのが、先日世界規模のホテルチェーン「ヒルトン」が発表した声明です。

 

”ヒルトンでは、これまでと同様に、お客様とチームメンバー(従業員)の健康と安全を最重視しています。新型コロナウイルス(COVID-19)に関する状況が日々変化する中で、お客様に安全にご旅行を楽しんでいただけるよう万全を尽くし、最大限に柔軟な対応に努めてまいります。”

 

”・政府による渡航制限:政府が発令した渡航制限の影響を受ける地域について、引き続き無料で予約内容の変更およびキャンセルが可能です。 ​

 

​・既存のご予約:2020年4月30日(木)までにご到着予定のすべてのご予約は、キャンセル不可(「ヒルトン早期割引」)との記載がある場合でも、ご到着予定時刻の24時間前までであれば無料で予約内容の変更およびキャンセルが可能です。

 

・新規のご予約:2020年3月12日(木)より2020年4月30日(木)までにお申し込みいただいたすべてのご予約は、キャンセル不可(「ヒルトン早期割引」)との記載がある場合でも、ご到着予定時刻の24時間前までであれば無料で予約内容の変更またはキャンセルが可能です。”

 

出典:ヒルトン 公式サイト「お客様に安心してヒルトンをご利用いただくための新型コロナウイルス(COVID-19)対策」

 

普段から公式WEBサイトでもキャンセル不可のバリュープライスを販売するヒルトンですが、新型コロナウイルスの影響により、異例とも言える対応を行うことになったのです。

 

東京オリンピックの通常されなかった場合の対応は現時点では不明なものの、予約をしていた顧客に対する救済処置が行われる可能性は十分にあると考えられます。

 

 

 

〜まとめ〜 ホテル予約済の人もまずは冷静な行動を

 

 

五輪期間中は全ての宿泊施設がキャンセル不可という訳では決してありません。例えば、大型のオートキャンプ場などは常時”キャンプのご予約はキャンセル料はありません”というルールのもと運用されているケースも見られます。そのため、まずは予約したプランのキャンセルルールをしっかり確認することをオススメします。

また、現段階では東京オリンピックの開催が通常通り行われるかどうかは決定しておらず、ホテル側にキャンセルに対する対応を望むのが難しいというのが現状です。予約に関するアナウンスは必ず行われるはずなので、現段階では事態を冷静に静観するのがベターといえるでしょう。

また、コロナウイルスの影響で先の予定がなかなか組めないという方も多いかと思いますが、前日までキャンセル料を無料にする施設も増えてきています。特にアウトドア体験は今いわれている濃厚接触を避けられる施設も多いのでお子さんとのレジャーを楽しまれてはいかがでしょうか。

 

キャンセル料無料のレジャー施設を探す↓

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

 

 

お知らせ一覧