【速報】21年11月より国産新車の自動ブレーキ装備の義務化へ キャンピングカーも対象

【速報】21年11月より国産新車の自動ブレーキ装備の義務化へ キャンピングカーも対象

安全運転支援システム 「Honda SENSING」を搭載したキャンピングカー 「N-VAN コンポ」

 

国土交通省は2019年12月17日、2021年(令和3年)11月以降に販売する新型の国産乗用車(軽自動車を含む)に、衝突軽減ブレーキの搭載を義務付けることを発表しました。

 

2019年6月18日に開催された「昨今の事故情勢を踏まえた交通安全対策に関する関係閣僚会議」において「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」がとりまとめられました。今後衝突軽減ブレーキを含めた安全運転サポート車の普及がさらに促進されていくことになります。

 

なお、輸入車は2024年6月以降の新型車、販売中の国産車については2025年12月以降の生産分から衝突軽減ブレーキの装備が義務付けられます。

 

今回の条例ではキャンピングカーを含めた全ての車両が対象となるため、今後の動向が注目されます。

 

◆N-VAN コンポ / N-VAN COMPO

https://japan-crc.com/ccn/cardata/n-vancompo/

 

(text:キャンピングカー比較ナビ編集部)

お知らせ一覧