【五輪チケット】オリンピックが延期。チケット払い戻しはある?

(2020/3/25追記)

 

2020年3月24日に安倍首相とオリンピック委員会のバッハ会長が電話会議を行い”正式に”オリンピックの”延期”が決定しました。延期の時期は約1年後を想定しているとの事でした。

 

当選したチケットの扱いについてはまだ発表されていませんがネットでも以下3つの対応のどれになるのか注目が集まっています。

 

1.当選したチケットの払い戻しはなし

2.当選チケットは払い戻しを行い、時期を見て再抽選

3.チケットの権利はそのまま有効

 

今回は”中止”ではなく、あくまで”延期”ですので既に支払いを済ませているチケット当選者が損をしてしまう【1.】の対応は考えにくいと思いますので【2.】か【3.】のいずれかになるのではないでしょうか。

 

ネットでは実際にチケットが当選された方の【2.】か【3.】の対応になる事を願う声が多くいられます。

 

アフターコロナ、つまりコロナウイルス騒動が終結した世界ではどの業界に何が起こっているのか想像もつきませんが東京オリンピック2020、あらため東京オリンピック2021はコロナショックの被害を吹き飛ばすような復興のシンボルとある素晴らしい大会になる事を祈るばかりです。

 

(2020/3/25追記ここまで )

—————————————–

新型コロナウイルスショックにより通常の開催が疑問視されている東京2020オリンピック。

 

さらに、仮にオリンピックの開催中止や延期などが実施された場合でも、購入されたチケットについては”返金不可”であるーー。そんな衝撃の事実が判明しました。

これは一体どういうことなのでしょうか。

 

◆五輪問題についてはこちらもチェック!

【五輪問題】オリンピックが中止、延期の場合はホテルからの返金はある?

https://japan-crc.com/ccn/news/2019-03-24/

 

 

五輪大会組織委員会が定める規約により返金不可!

 

 

そもそも東京オリンピックのチケットが返金不可となっている理由には「大会組織委員会が定める観戦チケットの購入・利用規約」が大きく影響しています。組織委員会に取材を行った朝日新聞の報道によると、

 

”「組織委は規約で『当法人が東京2020チケット規約に定められた義務を履行できなった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません』と明記している」

「そして、『不可抗力』について、『天災、戦争、暴動、反乱、内乱、テロ、火災、爆発、洪水、盗難、害意による損害、ストライキ、立入制限、天候、第三者による差止行為、国防、公衆衛生に関わる緊急事態、国または地方公共団体の行為または規制など、当法人のコントロールの及ばないあらゆる原因をいいます』と定めている」

「大会関係者によると、新型コロナウイルスが原因で中止となった場合、この規約の『公衆衛生に関わる緊急事態』にあてはまるという」”

出典:朝日新聞

 

となっています。

 

つまり、現在直接的に東京オリンピックへ影響を及ぼすと思われる新型コロナウイルスが発生する以前、つまりチケットの販売時から定められているルールに乗っ取っている事実が明るみになった、というのが今回の騒動なのです。

 

参加費の返金はしないが翌年参加可能になった「東京マラソン2020」

 

 

また、先日一般参加者を除いたランナーのみで開催された東京マラソン2020についても、一時返金の対応は行わないという発表がされ話題となりました。

その後、世論から強烈な反感を買ったこともあってか最終的には”返金は行わないものの、東京マラソン2021への出走を可能とする”という異例の処置が取られました。

 

東京オリンピックのチケットについては現状は返金不可とされているものの、今後の動きによってはチケットの返金、または延期になった際の振替処置などが行われる可能性があるとは言えます。

 

 

イベントによっては返金・振替の対応がされる場合も。

 

2月に通常開催された「ジャパンキャンピングカーショー2020」

 

2月26日に日本政府から”大型イベントの開催自粛”が発表されて以降、数々の文化イベントが中止または延期となっています。

ただ、イベントの中にはチケットの購入、参加費の支払いを済ませた人に対して救済処置が取られているものもあります。

例えば、3月21日・22日にかけて開催予定だった「東北キャンピングカーショー2020」の場合は、以下のようのなアナウンスがされています。

 

”東北キャンピングカーショー実行委員会はこの度の新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、
ご来場者様、出展者、イベント従事者の健康や安全面などを第一に考えました結果、
2020年3月21日(土)・22日(日)の2日間、夢メッセみやぎにて開催を予定しておりました
「東北キャンピングカーショー2020」 を延期することにいたしました。
振替日程は同夢メッセみやぎにて2020年8月1日(土)、2日(日)の2日間で開催いたします。”

出典:JRVA公式WEBサイト

 

また、チケットの返金については以下の通りとなっています。

 

”チケット代金の払い戻しを希望されるお客様は、
ご購入された各プレイガイドでお手続きをお願い致します。

チケット代金払い戻し期間 : 2020年3月10日(火)10:00~4月30日(木)22:00”

出典:JRVA公式WEBサイト

 

このように、イベント自体は中止されることなく延期され、参加費用は返金されるといったケースもあります。また、音楽系ライブでは中止となってしまった公演のチケット自体が、そのまま振替公演のチケットとして利用できるというルールが定められている場合があります。

 

 

〜まとめ〜

 

 

開催自体が危ぶまれている東京オリンピック2020ですが、現状では事前に定められたルールによって返金などは行われない方針です。

 

東京オリンピックのチケットは物によっては数十万円を超す物もあり、簡単に諦めるわけには行かないシロモノ。ただ、今後は規約にない特別な対応や、ルールそのものが変更になる可能性も否定できません。

 

そして、今後は東京オリンピックに限らず、自らが参加するイベントやライブのチケットを購入する際に、規約・約款などを確認してみると、その後の対応が少しスムーズに行えるかもしれません。

 

また、コロナウイルスの影響で先の予定がなかなか組めないという方も多いかと思いますが、前日までキャンセル料を無料にする施設も増えてきています。特にアウトドア体験は今いわれている濃厚接触を避けられる施設も多いのでお子さんとのレジャーを楽しまれてはいかがでしょうか。

 

キャンセル料無料のレジャー施設を探す↓

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

 

 

お知らせ一覧