支払い猶予や期限延長も!確定申告・税金などの特別措置一覧

新型コロナウイルスの影響によって収入の減少や、支出が増加した方も多いと思います。そういった方のためにも、税金や毎月かかる生活費にも特別措置が取られています、今回はその一部をご紹介するのでぜひ有効に活用してみてください。

 

 

 

【確定申告】

2019年の確定申告期限はコロナウイルスの影響によって申告期限が下記の通り延長されました。

 

種別

変更前締め切り

変更後締め切り

申告所得税

2020年3月16日

 

 

2020年4月16日

個人事業者の消費税

2020年3月31日

贈与税

2020年3月16日

 

上記の期間に間に合わない場合でも、感染拡大防止による外出規制のため、国税庁へ期限延長の申告をすることで2020年4月17日以降も申請を受け付けるとのことです。

 

確定申告会場へ行かなくても自宅からPCやスマートフォンで申告できるe-TAXもあるので外出規制の現状では自宅からの登録をおススメします。

 

詳しくはこちら(国税庁Web)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kansensho/kigenencho.htm

 

 

【国税の納付】

こちらも新型コロナウイルスの影響によって所轄の税務署に申請することで、納税期間が1年以内に限り猶予されます。

 

延期条件

・国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがあると認められること。

・納税について誠実な意思を有すると認められること。

・猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと。

・納付すべき国税の納期限(注1)から6か月以内に申請書が提出されていること。

 

詳しくはこちら(国税庁Web)

https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan.htm

 

 

【公共料金の支払い】

公共料金の支払いも、申し出によって延期することができます。電気料金・ガス料金は5月までの支払いを1か月、水道料金は自治体によって異なりますが、東京都では最長4か月の延期ができるとのことです。

 

東京電力エナジーパートナー

https://www.tepco.co.jp/ep/archive/20200319.html

 

東京ガス

https://www.tokyo-gas.co.jp/important/20200319-01.pdf

 

東京都水道局

https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h31/press200319-02.html

 

【携帯電話・インターネットの支払い】

大手3キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)では対象地域の限定、条件なしで、2月末以降に支払い期限を迎える、携帯・インターネット利用料の支払いを5月末まで延長できる特別処置が行われています。

 

詳細はこちら

NTTドコモ

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/200319_00_m.html

 

KDDI

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/03/19/4339.html

 

ソフトバンク

https://www.softbank.jp/corp/news/info/2020/20200319_01/

 

 

【生命保険の支払い】

保険料支払いの猶予期間と、更新手続期間期間が最大で6か月延長できる特別処置が行われています。

また、新規契約時に2020年3月16日から9月30日までの期間を対象に年利0.0%(利息免除)の処置も行っています。

コロナウイルスに感染した場合でも通常通りの保険適用はされ、入院給付金等の処置もあため、新型コロナウイルスによる各保険会社の対応をチェックしておきましょう。

 

2020年4月8日段階では、まだすべての申請が間に合うので、必要な場合、各サービスを確認の上で、特別措置を受ける場合は申請を行い、なんとかこの苦しい時期を乗り切りましょう!

お知らせ一覧