【新型コロナ対策】パルスオキシメータの目安と使い方 正常値とは何%?

 

 

 

 

 

パルスオキシメータ(パルスオキシメーターともいう)は、日本光電工業 青柳卓雄氏が発明しました。

パルスオキシメータは人の皮膚の表面から動脈血液の酸素飽和度(SpO2)を測定することができます。

 

通常は4,000円-6,000円ぐらいで販売されている

 


新型コロナが騒がれている現在、厚生労働省のガイドラインとして、以下の文言が追加されました。「SpO2低下」に注意

新型コロナウイルス感染症の軽症者・無症状者について宿泊施設での療養を行う際、急性増悪の可能性もあることから、宿泊施設には、必要に応じて適切な数のパルスオキシメーターを備えつけ、配置看護師等が酸素飽和度や呼吸数の確認をし、健康状態を把握することが重要である。厚生労働省「軽症者等の療養に関するQ&A」より

 

このガイドラインは何を意味しているかというと、新型コロナウイルス感染症の軽症者・無症状者はパルスオキシメータでSpO2値を測定しましょう、ということになります。

 

.

「SpO2」とはなにか? 正常値は?

「SpO2」とは酸素飽和度(経皮的動脈血酸素飽和度)のことを指し、具体的には血液中にどれぐらいの酸素が含まれているかを表す指標になります。動脈を流れる血液のヘモグロビンの何 パーセントが酸素を運んでいるかを示しています

この酸素飽和度の数値がある一定基準を下回ると健康上よくないということになります。

.

では実際の「SpO2(酸素飽和度)」の正常値・異常値とはなにか?

一般的には下記のようになっているようです。

96 %以上 = 正常値

95 %未満 = 呼吸不全の疑いあり

90 %未満 = 酸素療法適用

※機器による誤作動・誤差もありますので、疑いがあるときときは病院に相談ください。

 

 

 

 

<関連のおすすめ記事>

【休業手当】企業からの質問殺到!従業員への手当の補助金「雇用調整助成金」を解説!

新型コロナウィルスの影響で生活資金不足に陥ったら!? 優先すべき支払い、後回しにする支払いの優先順位とは?

 

 

お知らせ一覧