【新型コロナウイルス・濃厚接触】家族がPCR検査で新型コロナ陽性に!まぬがれぬ家庭内感染の実態〜濃厚接触者の定義とは?〜

緊急事態解除後も全国的に増え続ける新型コロナ感染症。誰もがいつコロナウィルスに感染してもおかしくありません。何を言うこの私(筆者)も 『濃厚接触者』 として現在自宅待機をしている状況です。

今回はどういった経緯で『濃厚接触者』になったのか・・・、そして『濃厚接触者』になって思ったことをまとめました。
 

<人気記事>
▶︎【コロナ禍】2020年 夏キャンプの混雑状況は?県外のキャンプ場に行っても良い?関東近郊のキャンプ場にリサーチしてみた!
▶︎【コロナ禍】新宿在住者がレポ!4連休の混雑状況は?新宿ビフォーアフターを徹底比較【東京の今】
▶︎【新幹線が半額】JR東日本が全方面で新幹線半額のキャンペーン★ネット申込限定★GOTOトラベルと併用可能?
 

「新型コロナ感染症 濃厚接触者」になった日

私は東京都にある1DKのマンションでパートナーと生活をしております。東京在住ということもあり、充分注意して日々過ごしていました。
連日発表される新型コロナ感染者数を気にかけるものの、周りで感染した知人もおらず、今思うとどこか物語のように感じていました。
 

パートナーの発熱と懸念される「家庭内感染」

7月29日 水曜日
夜パートナーが少し”だるさ”を感じ早めに就寝しましたが、深く気にせず私も同じ部屋で就寝しました。
 
7月30日 木曜日
朝を迎えるとパートナーが39度の熱を出し、慌てて区の保健所に連絡をし症状を伝えました。PCR検査を行う病院が決まるまでの対応はとても早かったです。
病院へ出かける準備をすると共に、お互いに会社へ連絡をしました。症状は出ていませんが、私もPCR検査をうけないと会社に行けないのもあり、病院へ同行しました。
 

自主的にうけるPCR検査は40000円!

病院までの移動はタクシーを利用。病院の待合室には数人いましたが、特に隔離されることもなくそのまま待合室へ。私もPCR検査をうけて結果を知りたかったため、現状を受付の看護師さんに説明すると、「 保健所からの要請がないと自主検査になり、40,000円ほどかかります が、検査いたしますか?」と言われ、正直驚きました。高い・・・。
 
パートナーの診察時間は40分程程度でした(診察・PCR検査・抗体検査)。
 

PCR検査結果はその場では解らず翌日連絡

今回の場合、抗体検査が”陽性”の場合は当日に連絡がくるが”陰性”であれば連絡無しとの事で、自宅待機で連絡待ちをしておりました。私は翌日からの業務をリモートワークにさせてもらい、とにかく結果を待っていました。折良く当日の連絡はなく、抗体検査は陰性・・・ホッと胸をなでおろしました。

当時の症状はというと、薬の効果もあり翌日には熱も徐々に下がりました。大きな疾患も無い為、症状としては軽い方かもしれません。
 
→自費PCRが可能なクリニックで検査してみた ~予約から検査結果受け取りまで~
 

状況が一気に変わった「感染通告」と周りの影響

7月31日 金曜日
18時頃、パートナーの携帯電話に保健所職員さんから連絡が入りました。PCR検査による、新型コロナ感染症・陽性の連絡でした。検査から31時間程度で通知されました。
 
 この時点で私は『濃厚接触者』です。   
私たちは各自速やかに会社へ連絡しました。パートナーの会社はもちろん、私の会社も完全リモートワークになりました。感染した本人や濃厚接触者である私の想像以上に広く影響しました。
 

 

「濃厚接触者」の定義

新型コロナ感染症の潜伏期間は36時間〜12日で、多くは4・5日で発症と言われています。
 
そして、濃厚接触者とされる方は下記になります。
 感染者が発症する2日前までにマスク無しで接触した方 
濃厚接触者は保健所から正式にPCR検査の連絡がきます。
 
簡易のPCR検査で確認
保健所から連絡が来る前に知人が持っていた中国の抗体検査キットをもらい、その夜すぐ検査してみました。
血液でわかる検査キットです。
 

 
結果は陰性!少し安堵・・・。
 
しかし、『濃厚接触者』は変わりません。発症から発熱までの3日間は同じ空間で過ごしており、潜伏期間を含めるともっと共に過ごしています。
 
メディアでは感染経路の多くが家庭内感染と言われています。発熱の段階で保健所職員には「同居人」と告げておりますし、私の行動に対する指示はありませんでした。現状では同じ空間で過ごすか、自主的にホテルなどに移動するしかありません。
 
家庭内感染を問題視しておりますが、現状の流れでは改善は難しいのではないかと思います。
国の迅速な対応が求められますね。
 

新型コロナ感染症のダメージは体調だけじゃない!?

30代という事もあり、前述でも記載の通り幸いにも症状は軽症で済んでいます。そのため今のところ体調的なダメージは大きくはないですが、感染した本人をみていると精神的ダメージを強くうけています。
 
パートナーが働く会社は自宅作業ができない職種なため、全員が自宅待機となると仕事がたまる一方です。また行動のひとつひとつで”ばい菌”扱いになってしまい、捨てられた犬の様に震えて部屋の端っこで体育座りをしている彼を見て、私も気を使いました・・・。
 
しかし、同じ空間にいる以上、感染者が触ったドアノブや水道などひとつひとつ消毒が必要です。トイレ利用後もきちんと手を洗いましょう。(これは普通?)
 

 
消毒と言っても、実際どのように消毒すれば良いのか悩まれますよね。そんな時は、下記のようなグッズを参考にしてみて下さい。

 

 
経路が目に見えない以上、誰もがどこから感染しているかわかりません。
身近な人が感染した後に感染しても、100%その方から感染したかどうかもわからない。感染しないという万全な注意力ときちんとした人間力が問われますね。
 
【新型コロナウイルス・感染実況②】家庭内感染でPCR検査が陽性に! に続く
 

お知らせ一覧