2022年3月の『キャンピングカー人気ランキング』を発表 格安663万円で装備充実の「Puppy480」が初の1位獲得! トヨタ新型カムロードベース車が初めての首位

国内で販売されているキャンピングカーのスペックやオーナーなどによるクチコミ評価を比較できる情報サイト「キャンピングカー比較ナビ」を運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:頼定 誠)は2022年4月4日、「キャンピングカー比較ナビ」内で人気のあるキャンピングカーの閲覧数ランキングを発表いたしましたので、お知らせいたします。

※タイトルの663万円は税抜き価格

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■キャンピングカー比較ナビ

https://japan-crc.com/ccn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■□2022年3月キャンピングカー閲覧総合ランキングトップ10 □■

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

[ 1位] Puppy480 (キャンパー厚木) キャブコン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/puppy480/

[ 2位]キャンパーアルトピアーノ (トヨタモビリティ神奈川) 乗用車ベース

https://japan-crc.com/ccn/cardata/camper-altopiano/

[ 3位]N-VAN コンポ (ホワイトハウス) 軽キャン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/n-vancompo/

[ 4位]D(でっかい)テントむし Wタイプ (VAN SHOP MIKAMI) キャブコン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/d-tentmushi-w-type/

[ 5位]給電くん (オートワン) 軽キャン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/kyudenkun/

[ 6位]N ボックス + キャンパー Neo (ホワイトハウス)軽キャン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/n-box-camper-neo/

[ 7位]ヴォクシー DAYS POP (ホワイトハウス) 乗用車ベース

https://japan-crc.com/ccn/cardata/voxy-days-pop/

[ 8位]CORO(VAN SHOP MIKAMI) キャンピングトレーラー

CORO

[ 9位]ハヤブサ(日本特殊ボディー) キャブコン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/hayabusa/

[ 10位]コルドバクルーズ【生産終了】 (Toy-Factory) バンコン

https://japan-crc.com/ccn/cardata/s/cordoba-cruise/

※括弧内表記は製造メーカー

「キャンピングカー比較ナビ」では、登録されている800台以上のキャンピングカーから2022年3月における閲覧数が上位のキャンピングカーランキングを集計しました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■□ トピックス □■

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Puppy480が初の首位獲得

キャンパー厚木が制作する「Puppy480(https://japan-crc.com/ccn/cardata/puppy480/)」がついに首位を獲得しました。

これまでトップ3には頻繁にランクインしていましたが、トヨタモビリティ神奈川の「キャンパー アルトピアーノ(https://japan-crc.com/ccn/cardata/s/camper-altopiano/)」の牙城が崩せずにいました。

今年はベース車となるトヨタ「カムロード」が新型となり、大手ビルダーも含めて車両販売価格が軒並み上がっていました。

その中で低価格と充実装備をウリにした「Puppy480」がキャンピングカー検討者の関心を集めたと予想できます。

キャンパー厚木では他にも、二人旅をメインターゲットにした110位「Puppy Fullhouse/パピィフルハウス(https://japan-crc.com/ccn/cardata/s/puppy-fullhouse/)」も制作しています。

今回首位を獲得した「Puppy480」は家族での使用を想定しているモデルでありながら、大きさはスリムでコンパクトな設計です。その為、大きさ、価格を含めバンコンとも比較検討できるようになりました。

そして価格面も充実装備でありながら税抜600万円台~となっていることで客層の広い車となっています。

【税抜500万円台のPuppy480-Lightを期間限定発売

 

Puppy480-Light(キャンパー厚木)

 

キャンパー厚木ではキャンピングカーの高額化の流れに一石を投じたいとの思いから、期間限定で「Puppy480-Light」の販売を開始しました。価格はなんと、税抜5,999,800円。Puppy480をベースとしながらも、装備内容を必要最低限にすることで、この価格帯を実現しています。これまで価格が理由で購入を見送っていたキャンピングカーファンを応援したいとの気持ちから販売に至ったとの事です。

【軽キャンピングトレーラー】

キャンピングトレーラーがトップ10に入ることは珍しく、以後キャンピングカーの多様化が進むと予見できます。

このCOROは「テントむし」で有名な人気ビルダーであるバンショップミカミが制作しています。テントむしスタイルのかわいいデザインでありながら、軽自動車でも牽くことができるキャンピングトレーラーです。

CORO(VAN SHOP MIKAMI)

 

最新の総合ランキングはこちら https://japan-crc.com/ccn/viewrank/

※常に順位が変動いたします

 

■「キャンピングカー比較ナビ」について当サイトは、これからキャンピングカーの購入を検討されている方へ向けた日本最大級のキャンピングカーの比較サイトです。国内・海外を含む800台以上のキャンピングカーを、価格や車両サイズ、就寝人数やオプション装備など、約60種類の項目からスペック比較ができ、どのキャンピングカーが人気かを一定期間の閲覧数を基にランキング形式で表示。

 

URL: https://japan-crc.com/ccn/

お知らせ一覧