2020年1月の『総合人気車両ランキング』を発表!~今年のキャンピングカートレンドは2極化!?キーワードは”手軽さとラグジュアリー”~

国内で販売されているキャンピングカーのスペックやオーナーなどによるクチコミ評価を比較できる情報サイト「キャンピングカー比較ナビ」を運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:頼定 誠)は2020年2月5日、「キャンピングカー比較ナビ」内で人気のあるキャンピングカーの閲覧数ランキングを発表いたしましたので、お知らせいたします。 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

■□ トピックス □■ 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

「キャンピングカー比較ナビ」では、720台以上のキャンピングカーが登録されています。同サービスにおいて、2020年1月の閲覧ランキングを抽出したところ、1位には先月に続きN ボックス + キャンパー Neoがランクインしました。また2位にはクレア 5.3X エボリューションが、3位にはトム200がランクインしました。1月末には日本最大級のキャンピングカーイベント、「ジャパンキャンピングカーショー2020」が開催され、定番車種キャンピングカーに注目が集まったものと推測されます。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

■□2020年1月キャンピングカー閲覧人気総合ランキングトップ10 □■ 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

[ 1位] N ボックス + キャンパー Neo (ホワイトハウス) 軽キャン  

[ 2位] クレア 5.3X エボリューション (ナッツRV) キャブコン  

[ 3位] トム 200 (セキソーボディ) キャブコン  

[ 4位] D(でっかい)テントむし Wタイプ (VAN SHOP MIKAMI)キャブコン

[ 5位] ヴォクシー DAYS POP(ホワイトハウス) バンコン

[ 6位] N-VAN コンポ(ホワイトハウス) 軽キャン  

[ 7位] アレン タイプ1 (エートゥーゼット)キャブコン

[ 8位] セレンゲティ (ファンルーチェ) キャブコン

[ 9位] TWIN 540 SPT(ADRIA)バンコン

[ 10位] レガードネオプラス (エルティーキャンパーズ) キャブコン

 

※括弧内表記は製造メーカー 

■キャンピングカー人気ランキング調査方法について

キャンピングカー比較ナビ内に登録されている700車種を超える車両の中から個別の車両ページの閲覧ランキングのアクセス数をもとに算出。

(アクセス数調査期間:2020年1月1日~2020年1月31日)

 

 

 

最新の総合ランキングはこちら  https://japan-crc.com/ccn/viewrank/ 

※常に順位が変動いたします 

 

■300台以上のキャンピングカーが集結!「ジャパンキャンピングカーショー2020」

 

2020年1月31日から2月2日まで、日本最大級のキャンピングカーイベント「ジャパンキャンピングカーショー2020」が幕張メッセにて開催されました。

年始に行われるビッグイベントとなり、全国から300台以上のキャンピングカーが集結し、同イベントが初披露となる新型車など注目の車両が多く展示されました。

 

また、イベントのゲストには俳優の福原遥さん、芸人のヒロシさん、人気料理家のベアーズ島田キャンプさんといったメンバーが集結し、キャンピングカーにまつわるトークショーなどを展開しました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ジャパンキャンピングカーショー2020」の様子など、イベント速報を発信中!

https://japan-crc.com/ccn/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■今年のキャンピングカートレンドは2極化!?キーワードは「手軽さとラグジュアリー」

 

「ジャパンキャンピングカーショー2020」で特に高い注目を浴びていた車両はトイファクトリーから登場した「トヨタ・グランエース」のキャンピングカーです。進化版「ハイエース」として登場したグランエースの初のキャンピングカーとしてデビューした車両です。

 

 

また、ユーザーだけでなく業界からも高い注目を浴びているキャンピングカーとなっています。同車両は現在開発中であるものの、ベースとなるグランエース自体が高価な車両であることから、市販ベースではラグジュアリーな仕様として販売されることが推測されます。

 

その他、後部座席を大胆に寝室空間にアレンジしたキャンピングカー「C-LH」や、車体価格が2000万円を超える「Dethleffs Grand ALPA」などはショー当日に多くの人が見学に訪れており、ラグジュアリーさを感じさせる車両に注目が集まっていました。

 

 

一方、手軽さが売りの軽キャンパーも強い盛り上がりを見せています。特に、今回の「ジャパンキャンピングカーショー2020」では、ホンダの人気車種「N-VAN」「N-BOX」などをベースに使用するキャンピングカーが急増した点が挙げられます。

 

ポップアップルーフを持たない車内を作り込む軽キャンパーも続々登場しており、価格も200万円台から購入できるものが多いことから、従来のキャンピングカーの枠にとらわれない点が、新しいキャンピングカーユーザーの獲得に繋がっているものと推測されます。

 

「ジャパンキャンピングカーショー2020」で多くの注目を浴びていた車両に共通する点として、豪華なキャンピングカーがもつ「ラグジュアリー」なテイスト。さらに軽キャンパーやキャンパーバンが持ち合わせる「手軽さ」が挙げられます。これらは今年のキャンピングカートレンドを予想する上で非常に重要な要素となるものと思われます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ジャパンキャンピングカーショー2020」注目車両!

 N ボックス + キャンパーをJAPANC.R.C公認YouTuber

 「キャンピングマイスターSAIKI」が徹底紹介!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

【キャンピングカー株式会社】   https://camping-car.co.jp/ 

キャンピングカー株式会社は、北海道から沖縄まで拠点を展開する日本最大級のキャンピングカーのレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)」の運営や「キャンピングカー比較ナビ」、「こっそり農遠(農園レンタル)」、「ワンダホー(ペットポータル)」、「BOUSAI時計(防災アプリ)」などのメディアサービス事業を運営しております。 

 

■代表者: 代表取締役社長:頼定 誠 

■本社: 東京都千代田区神田神保町1-24 ハクバビル3F 

■設立: 2009年10月30日 

■社員数: 12人(2019年9月1日現在、契約社員含む)

■資本金: 53,000千円

■事業内容: キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業/防災事業/防犯事業/インバウンド事業 他 

■顧問: 早稲田大学大学院 教授 根来龍之 

岩田合同法律事務所 弁護士 中村 忠司 

 

【ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)サービス概要】 

「Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、新千歳C.R.C.、北海道旭川C.R.C.、青森C.R.C.、福島C.R.C.、成田空港C.R.C.、京都C.R.C.、大阪C.R.C.、兵庫尼崎C.R.C.、岡山C.R.C.、広島C.R.C.、山陰C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。 

 

JAPAN C.R.C.予約サイト: https://japan-crc.com/

 

 

おすすめ情報一覧