モビリティコンセプトのPCR検査対応キャンピングカー提供 熱中症対策/換気・間仕切り標準装備 全国の医療機関や自治体向けに80台まで

日本最大級のキャンピングカーのレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)」の運営をするキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:頼定 誠)は、医療機関、自治体向けにPCR検査のためのスペースとしても利用可能なキャンピングカーの貸出を2020年5月1日より提供することをお知らせいたします。

 

■PCR検査、抗体検査が出来るよう、車内を改造。「移動可能なPCR検査スペース」

この度の新型コロナウイルスの蔓延により医療機関・自治体を対象にキャンピングカー貸出し受付を行ってきましたが、医療現場における様々な課題が生まれている現状を受けて、安全なPCR検査や抗体検査が出来るよう車内装備の改造をしました。
「移動可能なPCR検査スペース」として、お役立ていただければと思います。

 

◇医療従事者と受検者を隔離

医療従事者とPCR受検者の座る対面式の座席間に、ビニールシートで仕切りを設けました。
出入りの際、医療従事者は運転席側のドアを、受検者は反対側車内側面のエントランスを使用していただくことで、接触を避けていただきます。
ビニールの仕切りはレール式ではなく、車内の天井・床に密着させているため、安全に検査を行うことができます。
実際にPCR検査で使用する際には、手を入れる箇所に追加工を施します。
(ビニールに専用の穴を設ける加工と、ゴム手袋を直接備え付ける加工をお選びいただけます)

◇換気システムを完備

車両の受検者側スペースの天井には換気扇が取り付けられ、これにより車内にウイルスが滞在することを防ぎます。キャンピングカーに搭載されているサブバッテリーで使用するため、電源が取れない場所でも換気が可能です。

 

 

◇受検者のプライバシーを守る

運転席より後方の窓はすべてシェードで目隠しをすることができます。検査を受ける方のプライバシー確保にお役立て下さい。

◇移動が可能・設営/撤収の工数がかからない

PCR検査用キャンピングカーの最大のメリットは、簡単に移動させられる点です。
住宅街を移動しながらの検査や、病院間を移動させて検査をする場合にお役立てください。
また、設営/撤収をする必要がないので検査にかかる負担を軽減できます。

◇空調設備が整っており、天候に左右されず快適に使用できる
キャンピングカーは元々、悪天候に対応できるように造られたアウトドア用の車です。
医療従事者側、受検者側のどちらにもそれぞれ空調設備があり、蒸し暑い時期になっても快適な温度で使用していただけます。同じく、雨天時や強風時も検査が可能です。

 

■医療向けキャンピングカー概要
詳細はこちら:https://japan-crc.com/bosai/campingbed/

 

■レンタル料金

1日あたり9,800円~(30日間利用の場合)
30日未満、またはそれ以上の長期レンタルについてもご相談を受け付けております。

 

 

【キャンピングカー株式会社概要】URL: https://camping-car.co.jp/
■代表者 代表取締役社長:頼定 誠
■本社 東京都千代田区神田神保町1-24 ハクバビル3F
■設立 2009年10月30日
■社員数 12人(2019年8月1日現在、契約社員含む)
■資本金 1億1300万円
■事業内容 キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業/防災事業/防犯事業/インバウンド事業 他
■古物商許可公安委員会 東京都公安委員会
■古物商許可証番号 第 303311704973号

【ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)サービス概要】
「Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、新千歳C.R.C.、旭川C.R.C.、青森C.R.C.、福島郡山C.R.C.、成田C.R.C.、金沢C.R.C.、長野飯田C.R.C.、名古屋セントレア空港C.R.C.、大阪C.R.C.、兵庫尼崎C.R.C.、京都C.R.C.、岡山C.R.C.、広島C.R.C.、山陰鳥取C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。

JAPAN C.R.C.予約サイト: https://japan-crc.com/

おすすめ情報一覧