キャンピングカーの専門家がメリットデメリットで比較。「新車 VS 中古車」 どっちがおトク?

キャンピングカーの専門家がメリットデメリットで比較。
「新車 VS 中古車」 どっちがおトク?


いざキャンピングカーを購入しようと思ったはいいけど「新車」と「中古車」でどう違うの?というお悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

今回はそんなお悩みをもつ皆様に「新車」「中古車」それぞれの「メリット」「デメリット」をお伝えする事で後悔しないキャンピングカー選びをしていただこうと思います。


 

オススメの中古車一括査定サービス

■Rakutenカーサービス


■ユーカーパック


1.キャンピングカー新車を購入する場合のメリット

・最新装備、最新車両にのれる

自動車業界は日進月歩で、車両や関連する技術の進歩や発展が目覚ましく車両の耐久性、走行性能、宿泊の居住性、機能性の進化は著しく、これらの最先端の技術などを標準装備した車両など最新のキャンピングカーに乗ることができる。

 

・自分好みのキャンピングカーをつくることができる

住宅でいうと分譲住宅ではなく、自由設計の1戸建てを購入する感覚でしょうか。
動く家ともいわれるキャンピングカー。車種、ビルダーによっては自分好みの設計をする事ができるのでそこも新車ならではの魅力といえるでしょう。

 

・手厚いアフターケア

キャンピングカーを一から作り上げていくため、キャンピングカービルダー様にいろいろな相談をするなどコミュニケーションをとることが多くなります。その結果、お互いに信頼関係が築けることで手厚いアフターケアも期待できるはずです。
長いキャンピングカーライフを楽しむのであれば、お気に入りのキャンピングカービルダー様を見つけておくのもオススメです。

 

・長い期間乗れる

キャンピングカーはベース車両に使用されるワゴン車(トヨタハイエースや日産キャラバン)は、車両の耐久性や燃費など経済性に優れており、一般的な利用でも長い期間乗れるため、人気の車種になります。キャンピングカーもこのベース車両を使用することで、長い期間乗ることができます。

 

・故障しづらい

どのようなモノでも新品と中古品を比較すれば一目瞭然ですが、当然新品は新しいため、部品や消耗などが無いため故障しづらいです。
新車の場合も同じで走行で摩耗する部品やエンジンなど燃費に関わる部品、電気系統に至るまで部品が新しいので故障しづらいと言えます。

 

2.キャンピングカー新車を購入する場合のデメリット

・製作納期に時間がかかる

新車の場合、完成されたキャンピングカーを買う以外は、カスタマイズする際に製作に時間がかかります。また、車両を改造するため陸運局などに申請などにも時間がかかります。製作以外にも法律に関わる部分でも認可等に時間が必要ため、全体工期としてキャンピングカー納車まで時間がかかってしまいます。

 

・購入費用が高額になる

新しいものは高いのは当然ですが、車両に関する装備や技術は安全面を考慮しているため、装備するのに費用がかかる事が多いです。
電装関係は、特に高額になりやすいため注意が必要です。
あまり最先端にとらわれず、自分に合ったカスタマイズすることをお勧めします。

 

・ギャップや発注ミスによる後悔

見本と現物が違うことや、ミスコミュニケーションによる相違はどのような場合でも発生してしまいます。特にカスタマイズする車両はベース車両を改造するため、穴をあけたり、切ったりします。
一度手をつけてしまった作業は取り返しがつきません。
やってしまったと後悔しないようにキャンピングカービルダー様と仕様を細部までしっかりと確認して発注しましょう。

 

3.キャンピングカー中古車を購入する場合のメリット

・すぐ購入、すぐ利用ができる

なんといっても気に入った現車があれば、所定の手続きを行うことで「今すぐ」に乗ることができます。
今すぐ乗りたい方や乗ってみたい方には中古車であればすぐにキャンピングカーオーナーの夢を叶えることが可能です。

 

・使いかたなど気遣いのハードルが下がりやすい

新車ですと設備がすべて新品なので心理的に「汚したくない」という気持ちからついつい悪天候の日は外出を控えたり装備の使い方にデリケートになりがちです。その点、中古車は心理的ハードルが低くなるのでキャンピングカーの利便性をフルに発揮できるのも魅力のひとつです。これは性格によるところも大きいかもしれません。

 

・オプション装備が充実している

新車で納得いくまで装備を揃えた場合は費用が高額になるのは前述で述べさせていただきましたが、中古キャンピングカーの場合はそれらを前オーナーがこだわって装備している場合が多いため、車両によっては金額以上にお得な装備が搭載されている場合があります。
中古キャンピングカーを選ぶメリットとしてのポイントのひとつではないでしょうか。

 

・車両によっては売却価格が高額になる

新車のメリットで述べさせていただきましたが、一般的な車両よりもベース車両が耐久性の高い車両を使用していることが多いため、中古車としての価値が安定しているのも特徴のひとつです。
特に人気車種のハイエースがベース車両の場合などは更に価値が高いことでしょう。

 

・生産終了の車や以前のモデルの車が買える

あの年式のあの車種がほしい。このモデルがほしい。あのタイプなどなど。すでに生産終了の車両や以前のモデル車両などで、「もう新車では買うことができない」プレミア感が中古車の醍醐味のひとつになると思います。車種の特徴など、利用者様の個々の趣味嗜好に合わせた車両は、なにも新車だけにあるわけではないため、中古車にも人気が集まるのでしょう。

 

オススメの中古車一括査定サービス

■Rakutenカーサービス


■ユーカーパック


 

4.キャンピングカー中古車を購入する場合のデメリット

・希望にあう中古車がなかなかでてこない

キャンピングカーは近年人気が沸騰しているので購入競争が激しくなっております。キャンピングカーは中古車でも人気があるため、希望通りの車両に巡り合うのはかなり大変で、根気よく探す忍耐力が必要となってきます。見つけた場合は即決で購入しないとすぐに売れてしまうことが多いのがデメリットのひとつです。

 

・メンテナンス費用がかかる

中古車の最大のデメリットになると思いますが、走行距離や利用年数によって、消耗品を含め、電装品や燃料関係にいたるまで、様々なメンテナンスが必要とされる場合が多いです。
特に、エンジン関係や電装品に関しては故障した場合にはメンテナンス費用の負担が大きくなる可能性がありますので、信頼あるキャンピングカービルダー様にしっかりと相談し、慎重に選定することをお勧めします。

 

・ベース車両によっては燃費性能など維持費がかかる

キャンピングカーには、トラックベースやワゴン車ベース、ミニバンベース、軽車両ベースなど様々なタイプのベース車両があります。
ハイブリッド車、軽車両、ワゴン車などの燃費効率の良い車両もたくさんありますが、中古キャンピングカーによっては、ベース車両の車種によって、消耗品などの経年劣化以外にも、燃費効率が悪い車両も多数あります。
長距離移動が多くなるキャンピングカーとしては、致命的なデメリットになるでしょう。
調べればわかるベース車両の性能以外は車両状態が100%わからないので、消耗品や経年劣化などの見えない部分については信頼あるキャンピングカービルダー様にしっかりと相談し、慎重に選定することをお勧めします。

 

・メーカーのサポートや保守の終了

購入する中古車の年式や年代によっては、使用している部品、装備品などがメーカーのサポートが終了している場合があります。その場合、事故や故障、破損などに「対応してくれない、対応できない、部品交換ができない」というトラブルに見舞われることが発生してしまいます。キャンピングカーは装備品が多いため、購入の際には必ずメーカーのサポート期間や保守期間についてしっかりと確認して、トラブル回避をしましょう。

いかがでしたでしょうか?
後悔しないキャンピングカー選びをして楽しいキャンピングカーライフをお過ごしください!

 

5.まとめ

■「新車」がオススメの方

自分好みのカスタマイズを納得いくまでやりたい方

最新装備や最新技術のキャンピングカーに乗りたい方

■「中古車」がオススメの方

とにかくすぐ乗ってみたい、すぐ出かけたい方

気に入ったキャンピングカーが市場に出るまで我慢できる方

 

オススメの中古車一括査定サービス

■Rakutenカーサービス


■ユーカーパック


 

ほしいキャンピングカーの種類は?



data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″

 

おすすめ情報一覧